生活保護の種類

生活保護受給は、単にまとまったお金を受給者にポンと渡すわけではありません。
保護費は、8種類の扶助支援から構成されています。

1つめは「生活扶助」。
衣食、その他の日常生活の需要を満たすための扶助であり、飲食費、光熱水費、移送費として支給されます。
さらに第1、第2と分類され、前者が飲食や衣服、娯楽費等の費用、後者は世帯として消費する光熱費等とされています。

2つめは「教育扶助」。
子供がいる場合は義務教育を受ける必要な扶助であり、教育費の需要に応じて支払われるものです。

3つめは「住宅扶助」。
家賃等を支払う必要がある場合、また住居の補修、住宅を維持する必要がある時に行われる扶助です。

4つめは「医療扶助」。
ケガや病気になった時に原則として現物支給により行われるもので、治療内容は国民健康保険と同等とされています。
医療扶助は生活保護指定の医療機関で行われますが、場合によっては指定外のところで給付が受けられます。

5つめは「介護扶助」。
要介護または要支援と認定された生活困窮者に対して行われるものです。
これも現物支給で、生活保護指定介護機関に実行されます。

6つめは「出産扶助」。
出産時に出るもので、金銭により給付されます。

7つめは「生業扶助」。
生業に必要な資金、器具、資材購入時や技能を習得するための費用や、就労のための支度に対する扶助で、こちらも原則として金銭で給付されます。
平成17年度より、高校就学費がこの生業扶助によって支給されるようになりました。

そして最後、8つめは「葬祭扶助」です。
葬祭を行う時に、金銭にて支給されます。
これは、年齢、性別、健康状態等、そしてその個人または世帯の生活状況の相違を考慮し、1つもしくは2つ以上の扶助が行われます。

これら8種類の扶助支援によって、生活保護受給は金銭か現物か変わってくるのです。

カテゴリー: 生活保護   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。